店頭POPデザインの制作事例-音楽業界

(2016.02.04)

あっというまに、年を越し、いつのまにか2月です。

みなさんこんにちわ、デザイン制作会社タイタン・アートの米原です。

本日は、CDショップにならぶCDの店頭販促物のご案内です。

ジャケットのデザインを活かしつつ、

その音楽やアーティストの魅力を最大限に引き出せるように工夫して、

レイアウトしています。

aikopopsrock-02
glayA4-01

お仕事のお引受けの仕方は様々で、素材提供のあるものから、全くゼロから作り上げるものもあります。

kreva908festa-01 pthA4POP-01

店頭販促物(POP)の場合は、上記でも述べたように、作品や商品の持つイメージを殺さず、より引き立てる工夫が必要です。

SHA4POP-01

タイタン・アートは創業当社より、販促物のデザインに強みを持っており、
パッケージでは伝えきれなった商品や作品の魅力をPOPというカタチで
ユーザー様に伝えるお手伝いをさせて頂いております。

T.Yonehara

 


 

販促ツールのデザイン制作事例-音楽・CD

(2015.04.17)

天気が目まぐるしく変わる今日この頃。

皆さんいかがお過ごしですか。

こんにちわ、グラフィックデザイン制作の

タイタン・アート代表の米原です。

まさに、『春の嵐』な天候が続いています。

体調管理には気をつけたいところですね。

デザインは体力勝負ですので 笑

 

本日は、以前からお引受けさせて頂いている

音楽メーカー様の販促物のデザインをご紹介します。

sp01

 

これは、だいぶ古い販促ツールですね。

CDショップの棚のサイズに合わせた

2CDサイズのPOPと卓上展開用の

A4POPです。

買いに来られたお客様の最終的な購買の後押しをするのが

店頭販促物の使命です。

ですので、情報、デザイン、アイキャッチなど

工夫してデザインしています。

最近では音楽をCDショップの店頭で買うことは

減ってきたかもしれませんが、

是非とも、またCDショップへ足を運んでみてはいかがですか。

ちなみに、アマゾンバナーも制作してます。

http://titan-art.com/

 

 

T.Yonehara