エコバック制作事例_企業様に向けたSDGsに関する取り組み企画


 

みなさま、こんにちは!

大阪東京のグラフィックデザイン制作会社タイタンアートの企画営業Mです。

今回は、エコバック制作事例のご紹介です。

 

といっても、エコバックは最終的な制作物であり、実際は、クライアント様のSDGsに向けた取り組み支援として、クライアント様・学生ボランティアサークル・弊社ブランドKLONの3者のタイアップを企画させていただきました。

持続可能な開発目標(SDGs)とは,

 

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です(外務省:JAPAN SDGS Action Platform より一部抜粋)。

 

この実現のため、分野ごとに17のゴールが設定され、国家や地域、官民問わず、すべての人々が行動していこうと宣言されています。

 

すでに多くの企業様が、SDGsの達成に向けた取り組みを実行されています。

 

弊社も、自社でSDGsに向けた取り組みを行っておりますが、日頃お取引のあるクライアント様にも、弊社から企画できることはないと思い、提案させていただきました。

 

クライアント様は、「株式会社ルック」様というスポーツ用品や日用品などのOEM商品開発を行っている会社様です。

 

また、もう1つのタイアップ先は、近畿大学の国際ボランティア団体の「アポロ」様。
ミャンマーへの継続的な教育支援を軸に活動している団体で、図書館を設立するなどしています。

 

 

 

 

 

企画としては、


  1. ルック様は、新卒採用活動の一環として、エコバック制作を弊社にご依頼いただきます。
  2. 弊社は、若者に認知されているKLONというブランドを保有しているため、ルック様とKLONとのコラボでエコバックを制作します。
  3. 制作したエコバックは、アポロ様のメンバーが大学生の間に配布してくれます。
  4. エコバックを受け取った大学生は、インスタグラム等のSNSに、エコバックの写真を、look55というルック様のドメインをハッシュタグにつけて投稿します。
  5. 制作したエコバックの一部は、アポロ様を通じてミャンマーの図書館に寄付。図書バッグとして現地の子どもたちに使ってもらいます。

 


 

ルック様は、採用広報活動の一環として、ミャンマーの子どもたちに図書バッグを提供。

アポロ様は、この企画を通して現地への寄付活動を継続。

 

両者が得をしながら、継続的に支援を進める企画となっております。

 

今月よりエコバックの配布と現地への寄付をスタートする予定で、年内には、企画をまとめたサイト公開するように動いています。

 

弊社では、企画の立案から制作までと、トータルにお請けすることが可能です。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

 


株式会社ルック様:http://www.look55.co.jp/

国際ボランティア団体APOLLO様:https://apollovolunteer123.wixsite.com/mysite-1

 


 

【大阪デザイン制作】 http://titan-art.com
【東京デザイン制作】http://titan-tokyo.com


 

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク