メインビジュアル制作事例_ひえひえ王国 : 東映太秦映画村様


(2020.08.05)

こんにちは! グラフィックデザイン制作会社タイタン・アートのデザイナーHです!

梅雨明けも宣言され、昼間は太陽が燦々と照りつける毎日となりましたが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

うだるような暑さの日々、少しでも涼しい気分を味わいたいですよね。

涼しい気分を味わえる、冷え冷えな体験、そう、

今年もやってきました、東映太秦映画村様で開催される、

夏の恒例イベント「ひえひえ王国」です。

 

今回はひえひえ王国のメインビジュアルをご紹介いたします。

 

今年は、水のシズル感だけでなく、手書きやスクラップブックのような表現を使って

例年とは違う方向でのポップさを目指してみました。

ご時世柄、ビジュアル内の登場人物も密になりすぎないようにレイアウトしていますが、

それで寂しい印象にならないように、手書きのイラストや水しぶきなどを上手く使って

ひえひえ王国らしい賑やかで、清涼感とエネルギッシュさを両立させたデザインにしました。

今年のひえひえ王国はイベント内プログラムに手指の消毒を組み込んだり、

ソーシャルディスタンスの確保、、ゴーグルの着用など、

感染症予防の対策も徹底して開催されるそうなので、

興味をもたれた方はぜひ遊びに行ってみてください。

このキービジュアルは、ポスターやチラシ、交通広告など多岐に渡って展開いたします。

弊社ではこういったアミューズメント系のキービジュアル製作実績も数多くございます。

デザインだけでなくプロモーションや広告展開のご提案などもトータルでご提案できますので、

ぜひ一度ご相談ください。

 

【大阪デザイン制作】 http://titan-art.com
【東京デザイン制作】http://titan-art.com/tokyo


カテゴリー: スタッフブログ, ポスター, 屋外広告 タグ: パーマリンク